横浜で早漏治療!お薬を処方してもらって早漏改善を目指す。

彼女から一緒に早漏治療を始めようと・・・

早漏に悩んでいたのは、20代前半の頃で、年齢と症状のギャップがとてもショックでした。早漏治療を始めたり、改善する結果を与えてくれたのは、以前住んでいた横浜の土地でした。横浜に暮らしていた時は大学院生で、一人暮らしが充実していたり、大学院生活も楽しく過ごせていました。

また、可愛い彼女も出来て、最初はお互い内気でしたが、やがて夜の生活を始めるようになりました。最初は不慣れな事もあり不器用でしたが、自らの体に問題があると分かり、人生で最も情けない気持ちになったのは二度目の事でした。当時は本当に信じられませんが、いれようとしただけで発射してしまい、彼女も驚いて場は一気に白けてしまいました。暫くは立ち直れず、その後も彼女と合わない日が続き、精神的にも一番おかしくなっていたといえます。

自身が存在意義を疑う中、久しぶりに顔を見せた彼女は、一緒に早漏治療を始めようと言いました。一瞬耳を疑いましたが、横浜に信頼出来るクリニックがあり、実績のある先生がいるからと、強く治療を勧めてくれました。早漏治療を考えた事はなく、彼女の口から出た言葉なので、何より混乱と戸惑いを感じたのは事実です。
しかし、彼女は早漏が恥ずかしいものではなく、早漏治療で治せる病だと教えてくれました。更には、お薬で治せる時代なので、早漏治療 はそれ程悩む問題でもない、そうとも言ってくれました。

横浜にあるクリニックなら治療出来る

段々、一人でクヨクヨ悩んでいるのが情けなくなり、今日までの気持ちは何だったのかと、彼女のお陰で笑える心境になりました。
もっと症状について詳しく知りたいと思い始め、インターネットで早漏治療について調べ始めました。情報収集と同時に、横浜にあるクリニックに関しても、信頼出来るか客観的に評価する事にしました。
彼女の言っていた事は本当で、横浜なら治療出来ると、半信半疑な一面もありましたが、確信に近づく結果が得られました。翌日、自分は彼女が見つけてくれたクリニックに、一緒に出向いて初診を受けました。診察を担当した医者は、精神的な原因が大部分で、後は神経系に原因の疑いがありと診断しました。

====つづき====


横浜 早漏治療 ABCクリニック
もどる